Azure Event HubsのREST API送信でハマった

AzureのEvent HubsはHTTPSとAQMPのどちらかで入力を受け付けているのですが、HTTPSの使い方でハマりました。

Event Hubsとエンティティ(インスタンス)を扱う上で、URIと共有アクセスキーが作成できるのですが、HTTPS経由で使う場合にはSASトークンが必要になります。最初、共有アクセスキー自体がSASトークンなのだろうと思って

‘SharedAccessSignature sr=<URI>&sig=<共有アクセスキー>&se=<期限>&skn=<共有アクセスキーの名前>’

のように入れていました。何度やってもエラーになっていました。

正しくはここにあるようにあらかじめ自分でトークンを作成し、そのトークンを挿入して

‘SharedAccessSignature sr=<URI>&sig=<作成したトークン>&se=<期限>&skn=<共有アクセスキーの名前>`

のようにする必要がありました。

ハマったというよりは、使い方をよく理解していなかっただけなのでMS側には全く非がないのですが、数時間無駄に費やしてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です