Azure無料サービスの仮想マシン

前回Visual StudioのDev Essentialsが使えるようになったので、無料クレジット枠が手に入ったのですが、このクレジットを使わずに12か月の無料サービスとして提供されている仮想マシンを使ってみました。その時の設定などを書きたいと思います。

Linux版とWindows版がそれぞれ別々に提供されていますので、UbuntuでもCentOSでもWindows Serverでも好きなのを選べます。私はとりあえずUbuntu16.04にしました。

リージョンは制限が無いので東日本にしました。

仮想マシンのサイズはB1S Standardを選択します。価格が普通に表示されるので本当に無料か心配になりますが問題ありません。

注意すべきはストレージです。管理ディスク用のOSディスクサイズを64GiB (P6) Freeに変更します。せっかく仮想マシンを無料にしてもストレージが有料だったら課金されてしまうからです。なので、ブート診断も無効にして診断用のストレージを使わないようにします。

これでオール無料で仮想マシンを稼働させることが出来ます。

実際に無料になっているかどうかはサブスクリプションの概要で確認することが出来ます。以下のように無料サービス分は別に表示されます。

仮想マシンと管理ディスクの他にパブリックIPが無料サービスの対象になっています。仮想マシンとパブリックIPは時間課金、管理ディスクは1日単位での課金のようです。したがって複数作って不要なら消去して、という使い方で無料を維持することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です